カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
久しぶりに釣り、しかもメバル釣りに行きました。



船頭に七輪借りたし、日も照ってたので耐えられる寒さでした。







たまにはチヌ釣り以外も楽しいですね。

食べられる魚を持って帰ったのは今年初めてでした。チヌは坊主ばっかりやったからなー。
スポンサーサイト

2013/12/22(日) 20:58 | コメント:2 |
某渡船の釣行記に手記を寄せました。
(カッコイイ言い方)

ひま過ぎて頭が痛くなった人は是非お読みください。
たいしたことは書いていません。

45万円取れなくて泣いた話です。

細川渡船 釣行記「平成24年8月25日・・・釣りガール 準優勝」

〒771-0361 鳴門市瀬戸町堂ノ浦2-61
代 表  高橋 勝
TEL :(088)688-2860     
FAX :(088)688-0401
URL : http://www.tv-naruto.ne.jp/f-hosokawa/

2012/09/30(日) 08:45 | コメント:2 |
明日また釣りです。

今回の目標は「はげ・あじ・いか・めばる」を釣ること。

特にカワハギ。名古屋マダムが帰省するので、食べさせて
進ぜたい。っていうか、奴が家族で一番刺身好きかも?


前回、北泊沖の船エギングで使用したエギとシンカーは船頭からの借り物。

今度は自分で買って持っていこうと思ってました。

深場のエギング初めてしましたが、面白かった~。
重いシンカーつけてギューンと一気に底まで沈めて・・・
シャクるのが大変かな?と思ったけど、私の竿はちょっと固めなので
逆に重さの反動でよく竿がしなってシャクり易かった!

重いエギはしゃくった後、フォールさせるときの沈下速度を
調節してやらんといかんのが難しかったです。

でも重いので底が分かりやすかった~。


んで、そのシンカーを今日買いに行こうと思ってました。

でも船頭から電話で「関西圏売り切れらしいよ。」との情報。
何でそんな情報あるの?関西圏?範囲広いな~。たぶんどっかあると思うよ?


しかし確かにその日、エイト玉津で探したけど見つからず。


もじもじと、「あのー、エギ王LIVEにつけるシンカーってありますか?」
と聞くと、「はい」と目の前にあったものをさしてくれた。

私の眼は超ふしあな。でも5gのしかありませんでした。
私は15gが欲しかった~。


しゃーないので、船頭が言ってた「スクイッドシーカー」なるエギを
買うことにしました。

これはチヌ尋さんに買ってきて頂きました。30g。重いど~。

ティップランエギングっていうですか?
チヌ釣りみたいですよね。穂先の変化で合わせるなんて。


さて

こんなこと書いてたら興奮してきたけど
さっさと用意して寝んと。


せや、姉がブログはじめました。多肉植物とかの。
年に1~2回でよいので覗いてやって下さいネ!

2010/11/19(金) 21:36 | コメント:0 |
朋友メグニティのつぶやきにて初めて知った「釣女ギア」というワード。

釣女?


私が知ってるのはコレ。

turi1.jpg
香川・こんぴら銘菓「釣女」

しかし、今話題の釣女は「ちょうじょ」と読むらしい。
ちょうじょか・・・末っ子3女の私には名乗りにくいな。


この「釣女」、日経トレンディの2011年ヒット予想ランキング第4位にランクインしたらしい。

「釣女」は「森ガール」「山ガール」と同様の言葉であるらしい。
なぜ「釣りガール」じゃないのか?


しかし、そろそろ時代が私たちに追い付いてきたみたいですね。

確かに、釣りは今まで「男の世界」だったし。
ウェアもそれが丸分かりの武骨なものばかりですし。


っていうか、もう女性釣人の人口増えてるの分かってるんやから
女性アングラーとかの意見バンバン聞いてウェアー作れよって話ですわな。
女性ならではの悩みとかあるんだし。(トイレ問題・手の日焼け問題・・・etc.)

女=ピンク・赤
とかいう単純な発想で男性用の色違いを作るだけの手抜き
するならもう釣りウェアのメーカー名乗るなと言いたい。(怒り過ぎ)



いまさら遅いねん。という気持ちも大きいですけどね。


しかし、こんなキーワードがヒット予測にランクインするぐらいなら、
来年のフィッシングショーはさぞかし「釣女ギア」のブースが多く出展して
私たちを楽しませてくれるのでしょうねー。



2010/11/17(水) 21:38 | コメント:0 |
船頭の写真をパクリました。

22-11-7-arita-l.jpg

烏賊のプライバシーも守ってみた。

よく撮れている。



22-11-7-noguti-l.jpg

ほうれい線、だんご鼻、スキッ歯が目立たないように
もっとヒキで撮ることを心がけてほしい。ああ、BABARだ。

寒くなるだろうと思って、
かっぱ+レインウェア+ジャージ+タートル+ヒートテック(ファクトじゃない)
でのぞんだら、汗ダクになりました。着過ぎた。

22-11-7-arita-t-l.jpg
夜の釣果。

烏賊のプライバシーを守るのが面倒臭くなった。



ところで疑問

釣れた烏賊を、帰るまで〆ずにイケスの中に入れてました。
皆さん、お怒りでイケスの中で、墨を吐きまくっておられました。

帰りに全員を網ですくって出したのですが、その時
誰も墨をお吐きになられなかったのです。
上記夜釣果写真でもおわかりになると思います。

烏賊は墨を吐いてから次吐くまでにかなり時間がかかる?
ひょっとしたら一生のうちに吐ける墨の量が決まってる?

いろんな疑問がわいてきました。


そういえば、目の前のイケスからすくってその場で調理してくれる
烏賊料理屋さんのイケスが墨だらけになってるのは見たことが無いという。


はて。

やっぱり一生分の墨は吐き切れるのか?


でも、最後に私が〆る時、烏賊絞めピックでブッ刺した時、
下手くそすぎて墨袋を破ってしまい、墨だらけになりました。

あれ?墨作れてるじゃん。何で吐かなかったんやろ?

謎は深まるばかりです。


これを説明できる方、エンペラー。




2010/11/09(火) 08:06 | コメント:2 |
プロフィール

N K

Author:N K
こちぬ倶楽部管理人のNKです。
ほんとうの独り言です。
宜しくお願いします。

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。