カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
伊豆半島~伊豆大島の旅

【伊豆半島編】

P1050428_20121112215859.jpg

旅の初っ端からマウント富士にてテンションMAX


日本人の心にキュンキュンくるシェイプですね。
隣の席から「あーたまーをくーもぉのーうーえにーだあしー
と歌声が聞こえてきました。お互いミュージカル体質はつらいね。




三島駅でカーをレンタルしてズンズン南下。

知らない街のドライブは本当にワクワクします。
乗ったことのない車に乗るのも相当なワクワクです。


前々から綿密に?計画していた第一目的地「あまご茶屋

P1050429_20121112215858.jpg
あまごの漬け丼

久しぶりにモノホンのわさび!贅沢~!


P1050431_20121112215857.jpg

TOPにアマゴの黄金のたまご。
いくらよりプチプチ感が強い。

アマゴは塩焼きしか食べたことがなかったのですが
サーモンよりあっさりとして大変おいしかったです。


ずんずん山の中に入って行きます。

最大の目的地「天城峠」へ。

初めは車でそのまま行こうと思いましたが、
道が細く険しいという噂で、レンタル軽では厳しいかな?
っと、ちょっとしんどそうだけど徒歩で天城越え。


歩いて正解ですね。

まだ紅葉の時季では無かったのもあって、あまり観光客が
いませんでしたが、その分とても静かであちこちから鳥の
声が聞こえます。谷を流れる川の音も耳に心地よい。

こういう自然がイイなーと思うようになったのは年のせいでしょうか。

道は砂利で舗装されていました。少し歩きにくい。
ウォーキングスニーカーを履いてきて良かった。


天城越えを熱唱したくなるのをぐっとこらえながら
いつのまにか「旧天城トンネル」に。


P1050436_20121112215856.jpg

うーん。雰囲気が・・・

P1050439_20121112215855.jpg
全長445m

恐す。夜なら無理。
冷たい風がひゅるひゅる抜けて行きます。
山登りで汗ばんだ体が一気に冷えます。

トンネル内で少し歌ってしまいました。(他に人が居なかったので・・)
仕方ないやろ。「天城隧道♪」やもん。


P1050449_20121112215854.jpg
写真では全然わからん「つづらおり」


P1050458.jpg
苔むして字が全然わからない「寒天橋」


途中でサラリと何処かで山を降りてサラリと駐車場に帰る
つもりが、何故かズンズン進んでしまい、予定外の場所から下山。



P1050472.jpg

「新天城トンネル」(800m)

人が一人通るのがギリギリのほっそい歩道。
ビュンビュン走る自動車の轟音。

旧隧道とは違った恐さ満点。


しかし、車が無くなると急に静かになります。
そして喋るとすごいエコー。

山道では歌えなかった「天城越え」を心おきなく熱唱しました。
風呂より響くよ!


P1050477.jpg

トンネルを抜けた眼下に見える「わさび沢」


やっと旧街道前の駐車場に到着。


P1050496.jpg
「浄蓮の滝」


P1050494.jpg
天城越えの碑


写真をそこらのおっちゃんに頼みました。


P1050492_20121112224800.jpg
おっちゃん!木!木ぃ邪魔!

アングルもっちょと考えて欲しかった・・・



途中で寄った道の駅で・・・


P1050480.jpg

わさびソフトといえば、大昔に長野県で食べた緑色の
わさびの味のしない美味しいソフトかと思いきや・・・

生のワサビを目の前で食べる直前にボンと塗って
スプーンでバニラソフトと一緒に食べる!!

これが意外に美味しい。

コクのあるバニラにワサビの香りが合うんです。



そしてそのままドライブで熱海へ。

いろいろな諸事情により晩御飯を「堅あげポテト」で済ませて
伊豆の夜はふけました・・・。


P1050503.jpg
伊豆の踊り子象は後ろから見る方が素敵に見えるね。




天城越え
スポンサーサイト

2012/11/12(月) 23:00 | コメント:2 |
コメント

チヌ尋 :

おかげさまで、もはやセピア色になりかけてた伊豆半島の旅の記憶が鮮やかに蘇りました。
今頃は綺麗に紅葉してるやろうね。

N K : >チヌ尋

もうセピア!?

とはいえ、私ももうそろそろ短期記憶がテロテロに
なってきたので書きとめておく努力をしています。
ニーズがあろうとなかろうと老後の為に記しておきます。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

N K

Author:N K
こちぬ倶楽部管理人のNKです。
ほんとうの独り言です。
宜しくお願いします。

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。